2021年卒

【短期】個別指導サポート

「一人だったら内定できない企業から内定もらえました」「もう面接は大丈夫です」と自信がつく指導。

【短期】通学・通信コース(毎月合計3名まで募集しています)

「他の就活塾に通う大学生」も辞めて入塾しなおす理由がここにあります。

【短期】指導の流れ

2021年卒
【短期】個別指導サポートコース

短期2021年卒向け2021年卒向け

「短期コース」と「通年コース」の
「違い」は何ですか?

違い1

週に4回まで
面談の実施が可能

「通年コース」だと週に2回までの面談が、「短期コース」は週に4回まで面談を実施できます。

面談の時間は何分ですか?

<初期の頃>

面談の時間は初期の時期ほど長く1回3時間行います。
(「初期の時期の3時間」はあっという間です。)

<その後>

通う回数に比例して、疑問が減ります。できることも増えます。すると面談時間は1回30分や45分と短くなっていきます。

面接の苦手が減るから面談時間は短くなり、さらに内定しやすくなる状態に近づいているということでもあります。

予約も
4回先まで可能

「通年コース」だと予約は2回先までなのです。しかし「短期コース」だと予約は4回先まで可能です。

受講料を見る

(このページの下部に移動します)

指導の特徴は?
〜他の就活塾との3つの違い〜

1.自己分析は何が違うのか?

icon-angle-right インタビュー式自己分析とは、
講師が生徒にインタビューをする形式の自己分析です。単に質問が多いのではなく、生徒本人の体験・感じ方にあわせた質問を行います。
icon-angle-right 講師の質問に対して、根拠なく思いついたことを気軽に回答してOK後々、回答した内容が変わってもOKです気軽に回答するうちに見えてくるものがあります
icon-angle-right 「ぶっちゃけベース」でOK。音だから面接がやりやすくなります。
インタビュー式自己分析とは、
講師が生徒にインタビューをする形式の自己分析です

 icon-bookmark 生徒・OB・OGの声

入塾前

「自己分析は友人とやっていたんですが、うまくできなかったんです」

「以前通っていた就活塾の先生からは”自己分析に終わりはない”と聞いていました」

icon-angle-right 入塾後

icon-angle-rightめちゃくちゃ話を引き出してくれてありがとうございました。私の人生がつながりました!

icon-angle-right 「自己分析って終わりがあるんですね。もっと早くこの塾と出会っていたらと思いました」

icon-angle-right 「自分探しの旅に行かなくても自分は身近にいました。よかったです

自己分析の違い』を
さらに詳しく読む

icon-angle-right 「自分が気づいていないこと」は自己分析のためのワークシートに出てきづらい傾向があります。だから講師が生徒に対してまるでインタビューをするように様々な視点の問を投げかけることで生徒本人の気づきを促します

2.ES添削は何が違うのか?

icon-angle-right 生徒が添削を依頼したいときは「未完成の原稿」のワードを講師に送ったらOK。「ESの添削」は外注をせず、生徒のことを熟知している講師がESの質を高めます。
icon-angle-right 「全社かつ全問」を講師が添削するから、ズレがない一貫性のあるESになります。さらに「同時に何社分も添削が可能」な点は生徒からも喜ばれています。
(就活塾によっては様々な制約もあるようです)
icon-angle-right ESの回答が思いつかないときこそ、講師が一緒に作ります。講師が生徒に合わせたサンプル回答も提案しています。単に書くのが苦手な人は、慣れると自分でも書けるようになります。

 icon-bookmark 生徒・OB・OGの声

入塾前

「何度も友人や親に見てもらったのですが、いまいちしっくりこなくて・・・」

一貫性のあるESというのがよくわかりません・・・」

icon-angle-right 入塾後

icon-angle-right 「自己分析で引き出していただいた自分の体験が土台となっているので、面接がやりやすいESでした!」

icon-angle-right 「こんな内容には一人ではたどり着けませんでした。思いつけなかったです。本当にありがとうございました!」

icon-angle-right 「添削が戻ってくる2日間は中身がある2日間って感じ。しっかり添削されたことがコメントの内容や量・質から感じるので」

エントリーシート(ES)には高く評価される体験のみを書いておきたいものです。ESも講師が「内定のために大事な2つのこと」を考慮した上で「加点」箇所をフル活用し、「減点」されないESを作成します。
ES指導・添削の違い』を
さらに詳しく読む

受講料

2021年卒
【短期】個別指導サポートコース



受講料

一括払い

138,000円
(税込)



4回分割
37,500円(税込)×4回



※入塾の際に、入会金、事務手数料等、他に発生する費用は一切ありません。

※入塾後に、他に発生する費用は一切ありません。

※受講料を当塾が受領後に、領収書をお渡ししています。

お支払い方法は
次の3通りが可能です。

 1.クレジットカードでのお支払い

クレジットカード

 2.銀行振込み

 3.初回授業時に現金払い

品質補償制度
 〜安心と信頼のシステム〜

内定スタート面接塾は講義の品質を保証しています。

  • 対象コース
    2021年卒
    【短期】個別指導サポートコース

    (本ページのコースです)

(この制度はOBOGから「この制度があった方が、最初、生徒さんが安心できるはず」という声をもらい生まれた制度です)

  1. クーリングオフ適用可

お申込み後、7日目までにキャンセルをご希望の場合は全額をご返金します。

※ただし、7日目までに内定獲得した場合は、ご返金対応は致しません。

  1. 入塾人数制限システム

新規受講定員 毎月0〜5名まで

これによって、週に4回の相談が可能となります。

毎月の定員を設定することで、相談できないことがありません。

毎月の募集人数はその月の「生徒の状態」によって異なります。
既存生徒を優先するために、新規学生の受け入れを0名にすることもあります。

受講までの流れ

▼ステップ1 個別相談(最長2時間まで無料)に申し込み

この個別相談だけでも内定する人気の面談です。

入塾前のこの個別相談(最長2時間まで無料)を受けただけでは入塾確定にはなりません。

個別相談の様子を見てみる
(個別相談のページにリンクします)

「まずは相談したい」という方も気兼ねなくご活用ください。
(お一人様1回まで)

▼ステップ2 個別面談を受ける

個別面談では、就活に向けて、今、あなたが困っていること、悩んでいることなど就活に関することであればどのようなこともご相談いただけます。

講師はあなたが内定するためのアドバイスをします。だから、この面談だけで内定の報告も来る人気の面談です。

▼ステップ3 個別面談を受けて帰宅後

個別面談時に、入塾するか否かは考える必要はありません。帰宅後にじっくりご検討ください。
今は、色々な就活塾があります。ぜひ他の就活塾もご検討ください。

▼ステップ4 お申し込み手続きをする

ステップ2の後に、当塾からあなたにメールを1通だけお送りします。
そのメールに「 お申し込みフォーム」にリンクするURLがあります。必要事項をご入力いただき、「申し込む」ボタンを押して、お申込みが確定します。

この時点で、「初回面談のスケジュール」もお選びいただけます。

●ステップ5 初回面談がはじまります

初回は、講師があなたへインタビュー式自己分析を行います。
どんどん対策を打っていきたいですね。

内定のために、些細なこともどんどんご相談ください。
納得の内定をめざしていきましょう。