mutailogo30.pngmutailogo30.png



逆転の実績①

<体験談> 自分の素の雰囲気を意識することで、選考も通過するようになりました。

面接塾を知ったきっかけ

大学4年の4月、ある程度独学で面接対策をしたうえで、プロの人に自分の面接を見てもらいたいと、インターネットで面接指導の塾探しをしました。その際に面接塾のサイトをみて、サイトから明るい雰囲気が漂っていたので一度佐々木さんにお会いしてみることにしました。

入塾の決めて

私は当時佐々木さん以外にも就職支援のコンサルタントの方とお会いしていましたが、他の誰よりも、私の質問に対して丁寧に指導してくれること、質問がしやすいこと、長時間指導してくれることから値段が安いことなどから面接塾に決めました。

コンピテンシー面接対策

就活でたまに聞くコンピテンシー面接ですが、私は面接塾のおかげでこの面接方式にも対応できました。まず、佐々木さんはコンピテンシーでどういった経験が高く評価されるか、またその経験の中でもどの工夫が高く評価されるかを知っています。ですから自分もどのアピールを使おうか迷った時はすぐに佐々木さんに相談していました。また、コンピテンシー面接対策の質問内容も的確でした。「その工夫の中で工夫したことは?」など、佐々木さんに面接塾の中で質問されていたのですが、実際の面接でも似た質問をされました。

適切な面接のフィードバックをいただける

普段、企業の選考で受ける面接ではフィードバックをいただけません。しかし、面接塾の場合は模擬面接の後に適切なアドバイスがいただけます。しかも、そのアドバイスは自分じゃ今まで気づかなかったことが盛りだくさんです。私の場合は「面接時の表情が非常に固い」などアドバイスをいただき、その後自分の素の雰囲気である柔らかさを意識するようになったところ選考も通過するようになりました。

不安に思ったこと、疑問に思ったことをいつでもすぐに聞ける

私は就職活動の準備で難しいことは自分で面接に向けた準備をしている時に、この質問に対してはどういった回答をすればいいんだろうと疑問に思ったときに、すぐにそれを解決する手段がないところに一因があると思います。就職活動をしているほとんどの人の近くにはそれに対する明確な答えを持った人はなかなかいません。しかし、面接塾の場合、いつでも疑問に思ったことは佐々木さんに相談できます、メール、電話、スカイプ、面接塾、私も週に少なくとも3回ほど佐々木さんに連絡を取っていたと思います。ちなみに質問の内容はほんのちょっとしたことでも大丈夫です。私はネクタイに悩んでいた際に、一緒にネクタイを買いについてきてもらったこともあります。これは例えるなら受験勉強をしていて分からないところがあった時に、すぐに塾の先生に質問できる環境に似ています。わからないところがたまっていくと、モチベーションも上がらないし、試験の成果も出ません。

自分の意見を否定されない

佐々木さんは学生の意見を頭ごなしに否定しません。ですからどんなことでも臆せず自分の意見を言うことができます。自分の意見を言えるからこそ、本当に自分が納得した形で面接対策が進んでいくんだと思います。


自分も面接官になれる

面接塾ではメンバーが2、3人集まると模擬面接を学生同士でも行います。つまり自分も面接官役をするわけです。私はこの際に「相手がその会社で成果を出せる人間か」を知るためにはどんな質問をしようかと考えるようにしました。すると面接官のその質問をする意図、それに対する回答を聞いての気持ち、が少しは分かるようになってきたと思います。他にも「自分が応えづらい質問をして相手の回答から学ぶ」、「自分の回答と相手の回答を比べてどのように評価されるか考える」等、面接官役をすることは様々な効果がありました。


就活を一緒に頑張る仲間ができる

面接塾に通って助けてくれるのは佐々木さんだけではありません。共に面接塾に通っている仲間にも本当に支えられます。新たなメンバーが加わりながら行われる面接塾での模擬面接は非常に新鮮さがあります。また、面接塾にアイスを差し入れしてくれる仲間、塾帰りに一緒にご飯を食べに行く仲間、スカイプで模擬面接をしてくれる仲間。こういった仲間ができると、正直、孤独で大変だった就職活動が、チームで取り組む楽しいものに変わります。


落ち込んだ時に行ってもやる気をもらえる

佐々木さんは基本明るいです。楽しそうです。一緒に面接対策をしているといつのまにか自分まで元気になります。私自身、選考に落ち続けて本当に落ち込んでいた時期がありました。面接塾に行く途中の道端で自然と立ち止まってその場から動けないような気持になったこともありました。そんな時でも面接塾にいくと少し元気になります。面接塾に行くと明るい佐々木さんがいて、その時間の中で確実に自分が前進している実感を得ることができるからです。


就職活動が楽しくなる

以上書いてきたとおり、面接塾に行くと就職活動が楽しくなります。確かに、就職活動が楽しいことばかりではないことは身をもって体験していますし、むしろつらいことの方が多いと思います。ただ以下2点で自分の就職活動に楽しさを見出しやすくなると思います。

1. 自分が確実に前進している実感が持てる。
分からないことがあればすぐに佐々木さんに聞けます。また、面接塾では一回の模擬面接ごとにフィードバックがもらえ、それを次の模擬面接に生かすと佐々木さんから「グッドサイン」がいただけます(笑)

2. 就職活動を共に戦う仲間ができます。
佐々木さんや面接塾に通う仲間たち。私は第一志望の会社の最終面接の前に「これまで自分がやってきた努力と自分を支えてくれた人たちの顔」を思い出しました。すると自然と「大丈夫だ」という気持ちがわいてきました。結果、無事その会社から内定をいただくことができました。色々お世話になり、本当にありがとうございました。

逆転の実績②

<体験談> 落ち続けていた私が、面接は11連続通過し、内定を3つ獲得できました。

私が面接塾の無料個別面談に初めて参加したのは、3年生の3月下旬でした。
その頃私は、2月に一度1次面接を通過しただけで、その後、1次面接も全く通過しない状態でした。この状態をどうにかしたいとの思いから個別勉強会に申し込み、それから2ヶ月と少し、面接塾にお世話になりました。佐々木さんからはもちろん、塾生の方々からも沢山学ぶものがありました。話のネタとか、話し方が面接の全てではないということを、面接の練習と本番を重ねる毎に感じました。受験先に合ったネクタイを一緒に選んで頂いたり、面接の心構えというものを教わりました。

面接練習で気づくこと

面接官への「伝わり方」が大切であるということを改めて教えて頂きました。面接練習を重ねるうちに、面接での話題の表現、また話題自体も変わっていきました。

当初はアルバイト経験をありふれたものと思いほとんど話題にしていなかったのですが、面接練習で「アルバイトの話をしているときの方が、楽しそうだし雰囲気がいい」と佐々木さんや塾生さんに指摘され、伝わり方に対する感覚の違いを強く感じることができました。
就活後半は「伝わらなかったらどうしよう」という不安を、アルバイトの話題を軸にすることで払拭し、リラックスして面接に臨むことができました。自己分析シートで小学生まで振り返って使えそうなネタを拾って頂いたことで、使えるネタが増えたのも心強かったです。

また、面接官役も練習したことが個人的に大変勉強になりました。他の塾生さんの話し方、切り返し、ジェスチャーや間の取り方など、受ける企業やバックグラウンドは違っていてもとても勉強になりました。面接官はこんな意図でこの質問をしているのだろうなということを考える機会にもなるので、自身にも効果的なフィードバックができました。

この他にもたくさん

自分の弱点としか思っていなかったことは、「できる社会人にはそういう人が多いよ」と声をかけて頂き、なぜそうなのか、丁寧に教えていただきました。

また、不安だった時期は23時30頃に連日私が佐々木さんに電話し、遅くまで電話やメールを使って面接対策やES添削に付き合って頂きました。1次面接に一度しか通過していなかった私は、なぜかその時間帯になると不安で一杯になり、気付いたら佐々木さんに電話していました。

当初、グループワークを落ち続け、面接も落ち続けていた私は、佐々木さんからマンツーマンで、「いや、それだと、人事はこう感じるよ」等、人事の目線をたくさん頂き、面接の練習を繰り返したこと、次第にグループワークや面接も通過するようになり、最終的には、就活を終える頃には、面接は11連続通過し、内定を3つ獲得し、他の最終を1つ辞退し、面接も辞退するという結果になりました。

この就職活動を通じて私は就活前に比べて、明るく、かつ前向きになり、さらに内定獲得だけでなく、これから働くということや、現在の日々の生活でも面接塾での経験がプラスになったと感じています。何より、志望とする業界の中でも、とても魅力的な企業から内々定を頂け、先日も内定者懇親会では、感激・好印象なことばかりでした。これも佐々木さんとの数々の対話と面接塾での経験のおかげだと感じています。本当にありがとうございました。

逆転の実績③


<お礼メール> 早いもので、明日が入社の日となりました。面接塾での半年間はこれまでの人生の中で一番私が「変わる」ことのできた半年間でした


佐々木さん

お世話になっております。
●●●●●です。

早いもので、明日が入社の日となりました。
この日を迎えることができたのも、佐々木さんのお力のお蔭だと思っております。
初めて佐々木さんのもとにお伺いした日には、こんな日が来るとは想像もできませんでした。

佐々木さんにご指導を頂き、就職活動に励んでいた半年間は、これまでの短い人生の中で私が一番「変わる」ことのできた半年間でした。
いつも後ろ向きで、あらゆる行為に劣等感の影が差していた私が、生まれて初めて前を向くことができました。
そんな温かいご指導のお蔭で、納得のゆく企業から内定をいただくことができました。
ですが、佐々木さんからいただいたものは内定だけではないと思っております。
内定後の期間も新たな環境に飛び込み続ける勇気、社会人としてのあるべき姿など、ほんとうに沢山のことを教えていただき、学ばせていただきました。
言葉ではとても言い表せないほど感謝しております。本当にありがとうございました。

明日から社会人となりますが、佐々木さんから教えていただいたことを今一度心に刻み、
「改善してゆける」社会人に一刻も早くなれるよう、精進してゆきたいと思います。

もし、私が内定スタート面接塾の生徒さんのお役に立てることがあるならば、引き続き声をかけていただければ嬉しいです。
また面接練習でお会いできることを楽しみにしております。

取り急ぎメールにて失礼いたします。
本当にありがとうございました。


逆転の実績④

<体験談> 内定は、何度も行った細かい確認作業の賜物でした。

面接塾を知ったのは、youtubeにあった佐々木さんの動画を見たことでした。

当時、就職活動に悩んでいた私は、何か参考になるものはないかとネットで「就活」と検索しては色々と見ていました。

最初は見ているだけだったのですが、壁にぶち当たり絶望的な気分になり、藁にも縋る思いで、佐々木さんにメールをしました。佐々木さんは、「頑張ってますね。」という言葉と共に、直接相談する日程を調整してくれました。

実際にお会いしてみると、とても話しやすく(話しやすすぎて関係ない話までウッカリしてしまう)信頼できる方だなと印象を受けました。このまま自力で就職活動を続けるのは自分の人生を棒に振るのと同じことかもしれない。そう思い、面接塾に通うことを決めました。

面接塾に通う前は、、、

自分で自分を完全に客観的見たつもりで作り上げていた自己PRやエピソードを使用していました。佐々木さんと一緒に自分自身を振り返ったことで(小学生の時から遡ります)、自分では無意識で全く気がついていなかった自分の長所や習性を知ることができ、面接で話すエピソードが本当に増えました。正直、増えすぎてどのネタを使うか悩んでしまう、という状況になったこともありました。(その後、優先順位をつけることでこの状態は解決され迷いはなくなります。)さらに受ける企業ごとに佐々木さんに相談し、どのエピソードをどう使うかまで決めていました。

そして社会人の先輩である佐々木さんを通し、社会人の視点を数多く学ぶことができました。

それ以前の自分は完全に思考回路が学生側であったことを痛感しました。特に私は志望職種が人事であり、人事を経験している佐々木さんのアドバイスは本当に勉強になりました。それまでは説明会などで話をされている人事の方を見て「人事いいなー!」という漠然とした感情だったのが、佐々木さんと相談・面接練習(エアー面接、面接塾での練習)を重ねていくうちに、深みのあるしっかりとした中身となり、自然と自信を持って志望理由を堂々と言えるようになりました。第一志望の企業の最終面接でも「なぜ営業職ではなく事務職を希望するのか?」「人事でやりたいことは何か?」等の質問をいただきましたが、それに対しても迷わず、ゆとりを持って対応できたのは、何度も行った佐々木さんとの細かい確認作業の賜物です。

佐々木さんは些細なことでも相談にのってくれます。

私は、面接の直前に電話したり、かと思えば面接直後に号泣しながら電話したり、夜中にESについて相談したり、本当に迷惑をたくさん掛けました。が、いつも誠実に対応・応援していただいたことで、信頼して面接塾に通い続けることができたと思っています。本当にありがとうございました。

逆転の実績⑤

<体験談> たくさんのアドバイスと練習で、予期せぬ総合職の内定獲得。その後、希望の一般職で内定獲得。

私は、4年次の7月から約2カ月間、佐々木さんにお世話になりました。

とても親身になって相談に乗ってくださり、たくさんアドバイスして頂いたおかげで、本当に入りたいと思う会社から内定を頂くことができました。

私は、就職活動にとても苦戦し、4年次の7月まで、何十社も受けて、面接は1回しか通ったことがありませんでした。何社も内定をもらっている友達もいる中で、焦りを感じ、また、自分に自信が無くなって、就職活動へのやる気を失っていました。そして、その頃、1人で就職活動をすることに限界を感じて、就活塾を探し始め、佐々木さんのブログを見て、面接塾を知りました。

そのブログで、無料で個別面談をして頂けることを知って、「1人で悩んでいても、何も変わらないし、とりあえず相談してみよう」と思い、申し込みました。面談をして頂いた時、佐々木さんは、私の悩みを本当によく聞いてくださって、適切にアドバイスしてくださいました。特に、自己PRについては、学生時代に大した経験をしていなくて、あまりアピールできることがないと悩んでいましたが、佐々木さんが、私の話の中から、どのような内容を、どう伝えるのがいいのか考えてくださり、私にもアピールできることがあると気付けて、少し自信を持つことができました。そして、この面談によって、悩んでいたことに対して、どうすればいいのかが分かって、気持ちがすっきりし、就職活動を頑張ろうと思えるようになりました。


面接塾に通って特に良かったことを以下にまとめます。

他の生徒と一緒に、面接官役や応募者役を交代しながら面接の練習をし、学生同士でアドバイスしあえること。

私は、面接で分かりやすく話すことが苦手だったので、面接の練習で、実際に面接の形式で話す練習ができて、また、面接官役をすることで、面接官の気持ちを知ることもできました。

自己PRのネタを引き出してくださったこと

自己PRを考える際、まず、佐々木さんが作られたプリントを使って、学生時代の経験それぞれについて、大変だったことや、その結果などをリストアップしていきました。そして、それを佐々木さんに見てもらい、「この話は使えるよ」などと、アドバイスして頂き、自分では、面接では評価されないと思っていた経験でも、意外と使えることに気付きました。
次に、そのリストアップしたものに、力を入れた順など、いくつかの基準でランク付けをしていき、自分の、その時の気持ちや考えなども思い出して整理しました。それによって、面接で話しやすくなり、また、自分の経験の中で、最もいいネタを使ってアピールできるようになりました。

また、このような作業以外でも、佐々木さんと会話をする中で、佐々木さんが「その話、面接で話すといいよ」などと言って下さることも多く、面接でアピールできることが増えて、自信にもつながりました。

私は、面接で、自分を良く見せようとして話を大きくしてしまうことがあったのですが、佐々木さんは、面接で話すことについて、実際の経験など、事実を変えずにいかにアピールするか、ということを考えて下さったので、面接でも、自分を飾らず、自然体で話すことができるようになりました。

面接での話し方をたくさん練習できたこと

私は、面接に苦手意識を持っていたので、緊張してしどろもどろになってしまったり、つい長く話しすぎて、話が結論からずれ、自分でも何が言いたかったのか分からなくなってしまうことがよくありました。面接塾では、何度も繰り返し面接の練習し、客観的なアドバイスをして頂けて、また、佐々木さんが、簡潔に話すために、結論だけを答える練習や、あまり緊張せずに自然に話せるようにする練習など、様々な練習を行って下さったので、少しずつ意識して話し方を改善していくことができました。また、たくさん練習することで、面接でも、以前より自信を持って話すことができるようになりました。

本当に親身になってアドバイスしてくださったこと

佐々木さんは、私の過去の経験や、考えなどをよく聞いて、私のことをよく知ろうとして下さいました。実際、佐々木さんとの会話では、安心して、本音を話すことができて、佐々木さんは私の性格や考え方など、本当によく理解して下さっていたと思います。そして、佐々木さんは、いつも私が内定をもらうためにはどうすればいいのかを考えて、的確にアドバイスして下さいました。例えば、内定のためには面接官にどのような印象を与えるべきか、そしてそのためにどの経験を話すべきか、どのような話し方をすべきか、などです。そしてそのアドバイス通りにした結果、面接官に興味を持ってもらえることが増えていき、面接に通るようになりました。
また、電話やメールでもたくさんアドバイスをしてくださり、「何か困ったら、すぐ相談してね」と言って頂けたので、落ち着いて、前向きな気持ちで就職活動をすることができました。面接塾に通う前は、疑問があっても、1人で悩み、精神的につらくなることが多かったのですが、佐々木さんにすぐに相談できたことで、精神的にも本当に救われました。

佐々木さんは本当にいつも親身に対応してくださり、本当に多くのアドバイスをしてくださいました。佐々木さんに指導して頂いたからこそ、就職活動を諦めずに頑張れたのだと思いますし、面接塾に通っていなかったら、内定は頂けなかったと思います。本当にありがとうございました。

逆転の実績⑥

<体験談> 最大の味方と出会い、面接に対する恐怖が薄れました。

大学4年の6月から8月にかけて、佐々木さんには大変お世話になりました。現在就活を終え、無事卒業を控えることが出来ているも佐々木さんのおかげです。本当にありがとうございました。

面接塾を知ったきっかけ

佐々木さんのブログです。
就職活動が本格化し、周りの友達が内定をもらい就活を終えていく中で、私はESと一次面接止まりの状況が続き、精神的に追い込まれていきました。私は何か悪いところがある、誰かに指摘してもらいたいと思いながらも、友達に模擬面接してもらったり、指摘してもらうことに対して正直おびえていました。絶対ダメだしされると思っていた一方で、それに対して怖いなという思いがありました。学校の進路担当者や、ハローワークにも通いましたが、正直不安でいっぱいでした。何かいい方法はないかと探す中で、佐々木さんと面接塾の存在を知りました。

面接塾に通うことを決めた、決め手

面接塾に入る前にしていただいた、佐々木さんとの面談です。
(入塾前に無料で面談していただけるのは、とてもありがたかったです。正直佐々木さんがどういう人なのかを知りたかったので。笑)
企業に提出したESや学生時代頑張ったことを読んでいただきました。私は「○○がいけない」と指摘されると思っていましたが、佐々木さんは「言いたいことも分かるし、大体出来ていると思う。でも、改善したらもっとよくなると思う」と言ってくれました。これまでの就活で何度も落とされ、精神的に打ちのめされてきた私に「少し改善することで内定に近づくことが出来る」という言葉はとても支えになり、もう一回頑張ってみようと思いました。

面接塾に通って良かったこと

大きく分けて3つあります。
1つ目は面接に対する恐怖が薄れたことです。上に書いたとおり、私は誰かに指摘してもらいたいと思いながらもダメだしされるのが怖くて、友達に模擬面接を頼むことが出来ず、ぶっつけ本番で面接に臨んでいました。面接塾では何度も面接の練習を行うので、日に日に面接自体に慣れていきました。また練習に加え、面接後のフィードバック(よかったところと改善点を相手に伝えること)も、自分が言いたかったことが相手に伝わっているか、相手にどんな印象を与えているかを確認するうえでとても効果的でした。その中で佐々木さんは、面接中仏頂面になりがちな私の癖を指摘し、一回でいいから笑おう、と言ってくれたおかげで、笑顔を意識して面接するようになりました。これらの練習を通して面接に対する恐怖心が薄れていきました。

2つ目は面接自体です。
面接の練習を重ねることで、相手が理解しやすい話しかたであるとか、質問に的確に答えるといった基本的なことが出来るようになりました。得に「結論から話すこと」は面接塾で学んだ最大のスキルだと思います。笑 しかしこれによって、面接がしやすくなったと私自身思います。また、面接官役をすることで相手の答えに対しどのような印象を持つかであったり、答え方によって次の質問が変わってくるということも知ることが出来たのではと思っています。

3つ目は最大の味方を得ることができたことです。
挫折しそうになるたびに、佐々木さんには背中を押していただきました。「周りと比較しない、必ず●●さんを欲しがる会社がある。なぜならば●●さんは〜〜〜。」という温かい言葉に何度助けられたか分かりません。本当であれば、面接で話す内容を考えるのも、自分がそう思う理由を突き詰めて考えるのも自分でやるべきなのに、お忙しい中、佐々木さんは何度も力を貸してくださいました。面接塾だけでなく、メールやスカイプ、電話といった様々な方法で私の就活を支えていただきました。連日メールや電話したこともありました。
私が会社に内定することが出来たのは、本当に佐々木さんのおかげです。何度言っても言い足りないのですが、本当にありがとうございました。

逆転の実績⑦

<体験談> 面接塾に入ってからはESは全部通過して、面接は10社中一次面接では落ちることがなくなり、志望する企業含め3社から内定獲得できました。

面接塾を知ったきっかけ

4年生の6月中旬、私は焦っていました。周りの友人はどんどん内々定が出て、就職活動を終了させている中、自分にはとうとう持ち駒がなくなっていました。キャリアセンターに通い出すも、悩みを解決してくれるような話には決してならず、「就職についてもう一度考え直してみたら」とか、「こんな学内のセミナーに出てみたら」など満足いく、納得できる内容の返答をもらうことはできませんでした。そんな焦っている中、偶然インターネットで面接、就活と調べていたら面接塾を知りました。

面接塾に通うことを決めた、決め手

無料個別相談に参加し、2時間はあっという間に過ぎました。講師の佐々木さんの人柄に惹かれ、かつアドバイスが的確で、その人に合った良さを見つけ出してくれる点や、面接官役ができ、塾生同士も面接の練習を行うので、他の人の面接内容、話題などを参考にすることができる点が決め手になりました。

面接塾に通って良かったこと

実際に話す力が格段に上がりました。また面談数の割に受講料が安い。
とにかく何度も相談をさせて頂きました。1回の相談の時間も2時間や3時間。その時間を使い私向けの対策を進める中で、実際に面接の通過率が格段に上がりました。落ちることの方が珍しいくらいになりました。面接塾に入る前は、80社近く受けてESの通過は5割、面接も自信を持って受けることができず、40社中最終面接までいけたのが3社だけという状況でした。
しかし、面接塾に入ってからは、ESは全部通過して、面接では10社中一次面接では落ちることがなくなり、志望する企業含め3社から内定をいただくことができました。(他にも最終面接を辞退する会社が1社ありました)


面接塾に通うことで、自分の良さや自分の強みを改めて知ることができました。

不安だった事柄は全て解消してくれました。緊張してうまく話せない自分や、自分の強みが明確でない自分を、佐々木さんは一つずつ的確に褒めていってくれました。どんどん話をしたいと思うようになり、佐々木さんから自分の小学校時代からの話を引き出していただく中で、自分では気付かなかった一面を改めて見つけることができました。その結果、就職活動で一番大切な自分に自信を持つことができるようになりました。

内定を得てからも、いろいろな社会人の方とお会いさせていただける機会をいただくことができ、大学の友人などに比べて社会に出るということに対して準備が出来ていると感じています。私は面接塾に入ったことによって、就職活動はもちろんですが、今後社会人としても必要なことを今も学ばせて頂いています。これからも宜しくお願いします。




Doticon_grn_Check.gif内定スタート面接塾 公式ブログにも他のOBOGの体験談を掲載しています。

内定先一覧(抜粋版)


総合職

新日鉄住金、東芝、日立製作所、三菱電機、ヤンマー、富士電機、NEC、富士通、いすず、明電舎、日本政策投資銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、阿波銀行、東日本銀行、巣鴨信用金庫、青梅信用金庫、多摩信用金庫、横浜信用金庫、第一生命、日本生命、東京海上日動火災保険、野村證券、大和証券、ソフトバンク、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、楽天、アメリカンファミリー、伊藤ハム、SB食品、マルハニチロ、三越伊勢丹、興和、東芝メディカルシステムズ、東光、神鋼商事、リョーサン、情報技術開発、SONY関連会社、電通関連会社、マクニカ、タイコ エレクトロニクス ジャパン、ワタベウエディング、ベストブライダル、アーンスト・アンド・ヤング、帝国データバンク、ブリジストンソフトウェア、もしもしホットライン、日本マクドナルド、星野リゾート、ワークスアプリケーションズ、アチーブメント、レバレジーズ、法律事務所、郵便局、大学事務 他

技術総合職

ヤマキ、シミック、JR東日本、JR西日本、エア・ドゥ、エアアジア、ジャムコ、ANAケータリングサービス、他

公務員

国家公務員、東京都庁、神奈川県庁、東京都特別区、横浜市、川崎市、武蔵野市、国税専門官、警察官、消防官 他

一般職

三井物産、日本生命、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、東京エレクトロン 他


入塾者の出身大学一覧


青山学院大学、青山学院女子短期大学、亜細亜大学、茨城大学、大妻女子大学、お茶の水女子大学、学習院大学、関西学院大学、神田外語大学、慶應義塾大学、埼玉大学、上智大学、城西大学、多摩美術大学、千葉大学、東京外国語大学、東京経済大学、東京女子大学、東京大学、同志社大学、東北大学、筑波大学、津田塾大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、法政大学、北海道大学、武蔵大学、武蔵野大学、明治大学、明治学院大学、立教大学、横浜国立大学、早稲田大学、 等