体験談10

voice10

「自然体の面接だから、変化球を打ち返せるようになりました」
S・Sさん 立教大学

私は、大学3年生になったころから、就活や面接がとても不安でした。
 
 
しかし、大学3年の冬から始めた佐々木さんの面接対策では、エントリーシートの指導だけでなく、面接を受けるにあたってのカウンセリングをしていただいたので、そんなに不安にならず、自分なりにイメージをふくらませて、良いイメージで面接にのぞむことができました。私という人物と、エントリーシートの表現に乖離がないような文章を考えていただいたので、面接でも気張らず、自然体で話すことができました。
 
 
また私の場合、やりたいことが少しあったのですが、佐々木さんと、なぜ、そこを志望するようになったのか、その経過を丹念にたどっていくことで、自分でも忘れていたことや新たな考え方を発見したりできたため、
 
そこに行きたい!
 
という気持ちがぐっと大きく確かなものになりました。
 
例えるなら、霧の中でぼんやりしていたものが、きちんと色づけされて目の前にど~んと現れた感じです。
 
 
この結果、
 
「やっぱり私はこれをやりたかったんだ」
「この仕事に就きたいんだ」
 
と再確認できました。
 
でも、そのときは以前とは違い、きちんと仕事や将来のイメージができるようになっているので、自分の考えに自信を持てるようになりました。
 
 
面接の時に、変化球を投げられたとしても、自分の中に考えの移り変わりと、イメージと自信がしっかり残っているので、自分なりに答えることもできるようになりました。
 
今振り返ると、佐々木さんとの面接対策は、単なる面接の相談だけでなく、色々私自身の話を聞いていただいて、あの時間が私の一番の面接対策だったように思います。
 
 
親身な対応を本当にありがとうございました。

『先輩たちの体験談一覧』に戻る

Copied!