「他の就活塾に通っても内定しない人」が内定するようになる理由は?

strength

他の就活塾との違いは?

「他の就活塾に通っても内定しない人」が内定するようになる理由は?

1.「2つ」ではなく「4つ」の指導ができるからです

まず、面接で大事なことは2つあります。
次のAとBです。

不採用になる人の理由の一つに「B」の対策が不十分なことが挙げられます。

しかし、AとBはそれぞれ、さらに2つに分けられます。
より確実な内定のためには次のA・B・C・Dの4つの対策を打つことが大事になります。

AもBもやっている人で不採用になる人は、CとDの対策が不十分な傾向があります。

そこで当塾では生徒一人ひとりの目標、スケジュールに合わせて、フルカスタマイズで個別指導を実施することで、この大事な4点を考慮した指導を行っています。

そうすると生徒から最初は次のように言われますが、次第に内定してきます。

「そんなこと初めてアドバイスされました」
「気にはなっていたんですが、、、そうだったんですね。。。」
「通っていた就活塾の先生が”これでいい”とおっしゃっていたので使っていたんですが、確かに私はこれ使いづらいです」

2.生徒を深く把握することに力を入れているから

理由は、確実に内定してほしいからです。

インタビュー式の自己分析を行い、ES(エントリーシート)の指導・添削にも特徴があります。

「私の人生、つながりました!」となる『自己分析の違い』を
詳しく読む

模擬面接だけでなく普段の個別指導の中でもA・BだけでなくC・Dの把握と対策の設計を実施しています。
「加点される箇所」に講師が気づいたら、その場で「加点される理由」を説明し、強化するための対策を指導しています。
仮に「減点されそうな箇所」に講師が気づいたら、その場で「減点されないための対策」を指導しています。

他の違いは?

学生の普段の生活の質を高める指導をしています

傾向として、普段できていないことは、面接でもできないものです。
特に面接ではとても緊張するのでなおさらです。

例えば、毎年、「大丈夫です。面接本番で俺、意識したらできるので。」と言う人がいますが、私は「あ、このままだと内定は難しいな」と考え、対策を打ちます。

面接では「意識しないでもできる状態」になっていないと、余裕が生まれないからです。

余裕がない面接は内定しづらいため、普段の生活の質を高めるように指導しています。