当塾について

about

「もっと早く会いたかった」と言われる就活塾

「私のことをすごい考えてくれた」「俺の仲間でした」「通ってよかった」と生徒から言われることが喜びです

「もっと早く会いたかった」と言われる内定スタート面接塾とは?

内定スタート面接塾は講師の佐々木丈裕が

  1. 大学時代と若手社会人時代に苦しんだ経験
  2. 改善することでお客様や上司、会社から感謝されることが増えた経験
  3. 役立て、喜ばれ、必要とされてうれしかった経験

から、「朝から晩まで就活の支援をやりたい」と考え、当時スタッフとして働いていた資格スクールを退職して、2009年に設立しました。

資格スクールで働いていたときは「生徒100%目標達成」をめざしていました。

きっかけは「この資格スクールに入って失敗したな」という生徒の声

前職、資格スクールで渋谷校の責任者になったときに、校舎の端で男子生徒2名が話しているのが聞こえました。
そして、「そんな気持ちにさせて、とても申し訳ない。絶対に内定させるから」と思ったことでした。

大学生が多い、公務員講座では「生徒100%内定」をめざしていました。

退職して当塾を設立した当時は、「就職活動で苦しむ大学生を0名にする」ことを目標としていました。

現在は「就活と転職・仕事で苦しみ、楽しめない若者を0名にする」ことをめざして活動をしています。

その実現のために「個別指導の就活塾」を運営し、大学や資格スクールで「講師」を行い、日々、指導方法を改善しています。

当塾で若者とは、大学生や若手社会人、会社を1ヶ月で辞めてフリーターの方や、高校卒業して働いている方や、高校や大学を卒業したけどフリーターの方などを対象としています。

「個別指導の就活塾」は、初期の頃、面談はマクドナルドで行い、模擬面接はカラオケ屋で行っていました。
現在は飯田橋にて「他の就活塾に通っている大学生」も「辞めて入塾しなおす塾」になりました。
     
     
「講師」は、最初は苦手でした。
「個別指導」は得意だけれど、「大勢に対して”全員が成長する講義の設計”に悩んでいた」からです。

ただ幸い、これは当時から同様ですが現在も、生徒からのアンケートの評価では毎年かなり高い評価をいただいています。

いずれにせよ、まだまだ就職活動で苦しんでいる若者、仕事を楽しめない若者、希望の進路へすぐ内定できない若者等々、改善点がたくさんあるため、日々反省しながら改善を繰り返しています。

主な活動は、次の通りです

ー 大学生向け

・就職活動を支援する個別指導塾
・就活で困らないため、大学を満喫するために、大学生活のアドバイス・支援

(当ホームページの「移っている人が少ない写真」が個別指導の様子です)

ー 大学・専門学校・資格スクール向け

・講師(就職支援の講座を実施)

講義テーマ
マナー、自己分析、面接、グループディスカッション、模擬面接等

(当ホームページの「学生が多い写真」が講師としての講義の様子です)

ー 若手社会人向け

・仕事の支援
・社内での人間関係の支援
・転職の支援 等

(当ホームページの「移っている人が少ない写真」が個別指導の様子です)

講師プロフィール

〜「私のことをすごい考えてくれた」「俺の仲間でした」「通ってよかった」という生徒・OBOGの声が喜びです〜

 icon-bookmark プロフィール概要

大学時代と若手社会人時代が人生のどん底。

icon-arrow-down

icon-arrow-down

icon-arrow-down

しかし、改善することで、うれしい体験をたくさんできた。

・「社長賞」2回
・難しい案件ほど佐々木が担当することになる。任されない20代だったため、任されるのがうれしかった。
・撤退寸前の校舎を復活させる
・渋谷校責任者
・TOIEC事業部責任者
・「手伝ってくれない?」と言われることが増える。声をかけられない20代だったため、うれしかった。
・合格祝賀会ではスタッフの中で唯一生徒から胴上げされる(異動するまで3年連続)
・佐々木に相談するために他の校舎からも生徒が来て、個別相談は文字通り、行列となる
・成果を出すと人生は変わることを知った。他人の対応も変わる。

icon-arrow-down

icon-arrow-down

icon-arrow-down

佐々木のつまらない人生は33歳ぐらいに変わった。
だから生徒たちはもっと早期に、楽しめるようになってほしいと思い指導をしている。

佐々木 丈裕(ささき たけひろ)
「相談できる人でよかった」とよく言われる就活・転職・仕事支援の専門家/キャリアコンサルタント

1973年米国生まれ
・小学校6年までドイツの日本人小学校に通う。
・1社目の会社(花屋)まで大阪に住む。
・2社目の会社(人事部)から東京在住。
人事歴9年、面接指導歴は2019年で15年になる。
・著書2冊(現在4冊目執筆中)
・趣味:登美丘高校ダンス部の動画を見ること

大学時代

icon-circle 大学受験に失敗し、いじけて、すねて、卑屈になり、ひがんでいた。勉強量が足りなかったのに、他のせいにばかりして、斜に構えていた。
icon-circle プライドが高く、他人の目ばかり気にしていた。
icon-circle やりたいことを探すも見つからず、夢も目標も感じられない自分に「俺は人間として欠陥があるのか?」と考えていた。次第に自分が嫌いになりすぎて「他人になりたい」と思っていた。
icon-circle ずっと一人でいたら、人と話すのが怖くなった。
icon-circle 就職活動は当然、苦しんだ。

若手社会人時代

icon-circle 使えない人材だった。上司が人事部に「なんで佐々木を俺の部下にしたんだ!」と怒っていた。
icon-circle 転職しても、陰で「なんで、あの人採用されたんだろうね。。。」という声が聞こえる。
icon-angle-right ひたすら改善することで頭角を表す。30代になり上司や会社、お客様に役立て、喜ばれ、必要とされ、うれしかった。仕事が少し”できる”ようになったのもうれしかった。

 

沿革

 icon-plane 2005年 講師の佐々木が「資格のスクール」に転職する(スクールカウンセラー職)
初めて面接指導を行う。主に公務員を志望する大学生向け)

 icon-plus 2006年 大学や生協で就活や公務員試験向けのイベントで講師を行う

(早稲田大学、慶應義塾大学、お茶の水女子大学、明治大学、青山学院大学等にてほぼ毎年実施)

 icon-plus 2008年 所属校のアルバイトの大学生を本格的に指導し、4社の内定に導く
(その後、この学生の紹介で同じゼミに所属する「内定がない学生」の指導を行うようになり内定に導く)

・面談はカフェやファミレスやマクドナルドで行う ※1
・面接練習はカラオケ屋で行う ※2

 icon-building 2009年 内定スタート面接塾を設立。面接指導を副業として始める
前年度の学生の紹介で同じゼミの後輩たちを指導するようになる。

・面談は上記※1と同じ
・面接練習は上記※2に加えて「公民館の貸し会議室」を利用するようになる。※3
学生が集中しやすい環境を探していた。

 icon-book 2010年 1冊目の本を出版 『一人前社員の仕事の基本ルール』(明日香出版社)

(知人のご紹介できっかけをいただく。出版社には何人か候補者がいたようだが、企画書を提出後に出版が決まる)

・面談は上記※1と同じ
・面接練習は上記※3と同じ

 icon-plane 2011年 「資格のスクール」を退職し内定スタート面接塾に専念する

とても円満退社だったため、退職後は講師として「面接の講義」を依頼される
(引き続き、大学や生協での就職活動のイベントを担当する)

・新しい大学での就職活動の講義も依頼される

・面談と面接練習は上記※1と※3に加え、週末に「神田のレンタルオフィス」を借りて行うようになる。より生徒が指導を受けやすい環境を求めていた。

 icon-plane 2012年 「四ツ谷のレンタルオフィス」へ移転する
週末だけでなく平日に生徒が講義を受けられるように、このオフィスを選ぶ
立地も駅まで近く、落ち着いた雰囲気がよいと考えていた

 icon-book 2014年 2冊目の本を出版 『警察官採用試験面接試験攻略法』(つちや書店/滋慶出版社)
(この本も知人のご紹介できっかけをいただく。
このときも出版社には何人か候補者がいたようだが、企画を数通り提出後に選ばれた)

 icon-plane 2015年 「麹町のレンタルオフィス」へ移転する
生徒が指導を受けやすいように、「完全個室」での面談を行うようになる

出版して1年9ヶ月後、『警察官採用試験面接試験攻略法』がアマゾンランク1位になる(警察・消防カテゴリーにて)

 icon-book 2016年 3冊目の本の出版を打診されるが、忙しく現在もお待ちいただいている
(この本はブログを経由して、お話をいただいた)

 icon-plane 2018年 7月 飯田橋に移転。
初めて1箇所で、面談・面接練習・勉強会を行える事務所を構える
東西南北に行ける電車があり、駅に近く、東京駅・大手町駅にも近い点が決め手となる

 icon-book 4冊目の本の出版のお話をいただく
これは「2014年に出版した本」の「まんが本」となるため、執筆量は少なく、全体の監修として参画することになる(2019年に出版予定)