1. HOME
  2. ブログ
  3. 謹賀新年(と面接の敬語)

謹賀新年(と面接の敬語)

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

う〜ん。固い。汗

生徒と面談

内定スタート面接塾の佐々木丈裕です。

初めて「謹賀新年」とか「謹んで」とか自分で書きました。

ところで、面接では敬語を減らす方がいいです。

勿論、相手に失礼な印象を与えてはいけません。

そのための丁寧な言葉遣いは大事です。

ただ面接になると、過剰敬語の学生が多いです。

敬語を少し減らすと距離感も近づきます。

何より、話しやすくなるでしょう。

今日は「このブログのタイトル」と「本文の1行目」でカチコチの敬語を使いました。
過剰敬語ではなく、間違ってはいません。

ただ、ちょっと距離感が出ますよね。
事務的なのか、、、とか、何を考えるどういう人かわかりづらいと思います。

面接では信頼されるために、敬語を減らすことを意識してみてください。

敬語よりもその言葉を使うときの気持ちの方が大事です。
(面接でも「感謝の気持ち」がある方が内定しやすいのです。惰性や受け身でないからです。)

昨年、世間では大変なことが色々ありました。
今年もまだわかりません。

でも、その中でも色々取り組む学生や若手社会人を見てきました。

最初は動けてなくても、明るくなっていきました。

当塾もそういう人に少しでも役立てるよう、今年も明るく毎日楽しんで成長していきます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

内定スタート面接塾 佐々木丈裕

関連記事

就活塾は内定スタート面接塾の個別相談ページへ
就活塾は内定スタート面接塾の先輩たちの声へ
就活塾は内定スタート面接塾の生徒と卒業生用ページへ
就活塾は内定スタート面接塾の生徒と卒業生用ページへ
error: